スポンサーサイト

  • 2015.05.31 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    必要な冷えだってある

    • 2014.08.27 Wednesday
    • 23:16
    秋ですね、風が冷たくなってきました!

    入籍前は地下鉄をメインに移動していましたが、江別に移り移動手段がJRに変わると、冷房のかけすぎに驚きました(・・;)

    ※地下鉄は窓を開けるだけで、たぶん冷房かけてなかったかと思います。

    私も夏場は暑いは暑いんですが、冷房が寒すぎて風邪を引きそうになり、来年は薄い上着用意しようと思いました。

    そのせいか、秋風で冷え込み始めるとくしゃみが出始め、注意したいな〜と思う今日この頃です。

    話は代わり、体を温めると免疫向上、酵素活性される、なんて良く聞きます。

    私は一時期体調が絶不調の際にまさかの34度を叩き出してしまいました(^o^;)

    酵素とかの前に細胞が傷つきそうなイメージだし、実際いつ倒れるかなーって思いながら、頑張って働いてました。

    怖いことに、私にとって体調不良というのは辛いものなのですが、長期間続けば慣れて、それなりの対応ができてしまうのですよね。

    めまい、胃部不快感、吐き気、のぼせ、背部のコリや痛み、これらをベースに αをほぼ毎日抱えながら生活していました。

    その仕事場をやめてからはゆっくりゆっくりと体温や体調も戻ったので、今度は温めて体温上げる努力しようと思ったのです。

    よもぎ蒸しや、銭湯行ったり、厚着してみたりしたのだけど、

    更年期症状あるうちにやったら、内側の熱に燃やし尽くされそうになりました。

    ましてや元々血圧低いのに体をやたらに温めたら血管拡張しますから、さらに血圧下がって、命を守るために心臓が血圧をあげようとがんばってくれて、負担増えた印象です。
    ※まぁ、すっきりはするんですけどね!

    冷えを敵とみなすのでは、これでもやりたい範囲ではやってるので、正直私には辛すぎる考えだし、やたらに半端な知識で温めを訴えるのはどうかな〜と思ってました。

    もちろん温めることの利益もあるとは思いますが、人によって温められる許容量は色々だと思うのです。

    そんな中聞いた話で、和道ヨガを作った方は、「その人に必要な歪み、冷えがあるから、勝手な考えで何でも調整しようとするな」とお話されていたことを聞き、目から鱗でした。

    温かくなるにも過程や段階がありますし、体を守るための冷えだってあるのだと考えます。

    その過程を楽しく、自分を見つめながらやるのが私は好きなので、のんびりと冷えた体と付き合っていきたいです。

    体温が私に無理なく、必要な範囲で温められていけばいいな〜と思いながら、

    最近は結婚式に向けた代謝向上、ダイエット目的で、朝夕でジンジャー 柑橘のエッセンシャルオイルの内服によるアーユルヴェーダ方面アプローチを開始(*^^*)

    ※ヤングリビングの内服が認可されてるものを使っています。

    今のところ、便秘が改善され、暑くはないけど冷え込まない、そんなまったり効果なので、のんびりと自分ペースでケアして行きます♪

    冷えを気にされている方に、何かお伝えできる良い体験があれば報告しますね☆

    まずは冷えに気づくこと、
    また、冷えがあっても自分を責めすぎず、自分にあった体とのコミュニケーションをとることがオススメなので、機会があれば振り返ってみるといいかなぁと思いますm(__)m

    スポンサーサイト

    • 2015.05.31 Sunday
    • 23:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする