スポンサーサイト

  • 2015.05.31 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    マウスケアについて追記

    • 2015.01.13 Tuesday
    • 20:26
    前の記事で重曹で口のうがいをするといい、というお話をしたのですが、一ついい結果をしっているので紹介します。
    ※我が家で使用中の重曹

    母の働いてた病院で、以前重曹水に溶かして毎日患者さんの口腔ケアの際にしゅっとする取り組みをしていて、その取り組みの後から口の中がきれいになり、痰の色が透明になり、肺炎になる人が激減したって事がありました。

    病院でよく使われるのはイソジンですが、細胞毒作用が強いため刺激となりやすく、またアルコールを含むために粘膜乾燥を招いて口腔内環境が悪化しやすいのです。

    実際に、寝たきりや意識障害の方は特に口腔内が乾燥し汚れたり傷つきやすいため、できるならアルコールフリーの基材を使う方がトラブルや合併症にもなりにくかったなぁという印象があります。
    ※ただし、その場合は家族の負担でケアグッズ買ってきてもらう形になるので、中々浸透させるには理解を得る必要がありますが…

    なので口に使うケアグッズは、侮れないしら、奥が深いなと思っています。

    そういう経緯もあって、最近は色々と楽しみながらマウスケアのお試ししたり、勉強してます♫

    そんな例の一つとして、もう一つ。

    去年の春位にfacebook上で、

    市販の薬局やスーパーの歯みがき粉が顆粒細かすぎて逆に歯間に詰まるとか

    研磨剤とが体にどうなのか、

    フッ素って良いことだけあるみたいに書かれてるけど実は…という記事をみつけました。

    真偽のほどは詳しく追求してませんが、まずは歯磨き粉を変えてみると、私の体どうなるのかな?ってワクワクが出てきました(*^^*)

    別に盲信や脅迫観念で生活を変える気は私はないのですが、習い事でクレイとアロマを使った歯みがき粉を作った事があって、歯垢が良くとれるなーって思った経験があったのと

    ※しかも混ぜるだけのざっくりレシピが私的によかった(笑)

    市販のミント味が辛すぎて苦手なので、アロマ系の歯みがき粉っておいしそうだなと思い、いつも使ってるアロマの通販で試しに買って使って試してみました。


    市販と比べると、味付けが濃すぎず、ジャラシャラ感がなくて、口のなかに残る感じないし、泡立たないからオエってなりずらい印象でしたよ!

    あと、私は歯が染みやすく、添加物の研磨剤だと削られすぎる感覚がずーっとあったから、それよりは天然素材の方が削りすぎず、しみにくい気がしました。

    商品の検討はそれほどせず、YLの歯磨き粉を買っただけなので値段は高めですが、手作り基材を作ればもっとお手頃な価格でもケアできるかと思います。

    それからもうひとつ。

    歯周病と診断されてしまった旦那さんですが、入眠時の噛み締めや歯茎の元気のなさが原因ではないかということで夜マウスピースつけて対応していたんですよね。

    それでも中々よくならなくって、以前ある方からいただいた歯ぐきの力っていう商品思い出して、歯磨きの際に使ってもらったんです。


    生薬がたーーっぷり入っていて口腔内マッサージにいいんだとか。これ使うと一週間ほどで、歯茎が元気になったのか、歯の染みが少しずつ改善してきました。

    なんと80代のおばあちゃんが開発したスペシャル配合のペーストだそうな(*_*)

    そこそこのお値段はするのですが、成分表見たらめちゃくちゃ色々な生薬入ってて、歯茎に良さそうなの一目でわかりますので、歯茎の強壮サポートの一つとして紹介してみました。

    私も使いましたが、スクラブに塩が入っていて歯間や歯垢がキレイになる印象です。

    生薬のピリピリした味ですが、少しずつ(米粒一つ分位)使うなら辛いのが苦手な私でも大丈夫でした。

    ケア後はさっぱりすっきりして、血流がよくなり、引き締まりや弾力が増す感じです。

    疲れると私は歯茎が浮腫むのですが、そういう時にいいな、と思いました!

    具体的な目に見える成果というよりは、どちらかというと今回の記事は感想になるのですが、事例の一つとして参考になればいいなと思います★

    以上マウスケアの体験レポート追加版でした!

    スポンサーサイト

    • 2015.05.31 Sunday
    • 20:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする