スポンサーサイト

  • 2015.05.31 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Q.なんで生理の事とか公開してるの?

    • 2015.05.22 Friday
    • 23:35
    ここ二、三年が私にとって激動の変化の時期でした。

    それに伴い性格や信じていたものが崩壊したので、何したいか、どうしたいかが白紙になって、一つずつ自分と向き合って確認してる作業中なのかと思います。

    私、小さい頃からずーーーーっと間違った方に無理してがんばってしまったのです。

    良い子でいたらとりあえず良いらしいと思ってたから、他人や社会に合わせて自我を形成してしまい、そして近年に一気に無理が出て、なのに更に我慢してしまいました。

    社会から見て足りない自分を埋めるために、永遠の望んでない努力をしようとしてました。

    本当は私、国も社会も誰かも、どーだっていい。

    ただ自分がのんびり楽しくすごせればいい。

    最終的に体が全部赤信号、強制シャットダウンさせられました。

    生理不順、ホルモンバランス崩壊、多嚢胞性卵巣等を経験しまして、ピルも飲んだりして副作用に苦しみ、更年期症状も現れ、気が狂う位危うい状況に立たされました。

    メニエール病になりかけて、抑鬱状態になって、通院しなきゃいけないけども、バスに乗るだけで恐怖を感じるくらいのパニック障害を発症しました。

    加えて自律神経失調症(低体温、冷え性)が猛威をふるって他人の事考える余裕がなくなりました。

    これだけの総信号にさすがにお手上げして働いてた職場をやめざるを得なかったし、もう自分殺して人の命令受け続けたくないって本心に気づきました。

    結果、がんばることをやめました。

    他人に合わせるのやめました。


    とことん自分に正直になってこうと思いました。

    そして、楽しいことしてると、呪いの一種と思ってた生理が変わってきて面白かったんですよね。

    そもそも早いうちから生理が自分の気持ちの違和感を表してました。

    病気を気に自分の性と向き合わざるを得なくなったんです。

    それから、世間が性をタブーにしすぎて私の生理の辛さは普通なのか異常なのかすらわからなかった(-_-;)

    皆どうしてるか話す場所がなかったなーと、ずっと思ってました。

    性ってすごく密接に自分と関わることなんですけどね(;・∀・)

    なので、こういう記事書いてたらツラッと私の周りの人と生理の事とか話し合う場できるかなーとおもって。


    しかも、世の中基準でなく、自分が自分と向き合うものだし、別に人目は気にしなくていいから公開しちゃえって思って(笑)

    あとは、私は会話だととても頭の回転が鈍いときがあったりするし、対人コミュニケーション取るのがもそも苦手だし、がんばりたくないんですよ。

    対して文章はただ自分と向き合って閃いた事とかを書いてるだけでいいし、修正していくとまとまるから便利だなーと思って。

    そんな経緯から私は生理を体と心の大事なサインとして扱って記事かいています。

    あと、生理は、自然災害と同じくらいに制御不能なバイオリズムです。


    女性だけの秘密、じゃなくて、男性も必ず知らぬうちに遭遇しているのだから、知って考えてほしいのかもな。

    わならない、で済ませて、逃げないでほしいなぁ。だってこう辛いんだよ!

    っていう率直な思いを、旦那さんが彼氏の頃からずーっと言ってたからか、とてもスムーズに生理周期を受け入れて付き合ってくれてる気がします。(苦労もあるのですが笑)

    男性側も、性の事はタブーだから、一人でネットや雑誌のファンタジー化された世界でしか学ぶ機会がない場合があるそうですね。

    けど、AVやドラマよりまず目の前の現実(女性)見てくださいよ〜って。

    全然それ真実じゃないから!(*_*;)ちゃんとパートナーと話し合って!って。

    そう考えると男性にとっても生理って結構身近なんじゃないかと思います。

    私たち夫婦は生理の変動を共有するのが必要不可欠、多分そうしないと旦那は突然の生理による私の奇襲に合うし、私も存分に自分を出せなくなる。

    嘘と我慢で一緒に生活するなんてーのはもうこりごりの私ですから!

    そんなパートナーシップのあり方がもとにあるのかもしれません。

    加えて結構話してみると、実は周りで同じ病気や症状で悩んでる人いたりするんですよね。

    私は治療とかできないし、的確に病気の説明やアドバイスをできる訳じゃないけど、体験は共有できるんですよね〜。

    一人で悩んできたからこそ、仲間がいたり、自分だけじゃないって知れる機会を残したいなぁ、とも思いました。


    私の隠したり、誤魔化したくない、表現したい〜って思いが強いのかもしれませんね。

    そんな感じの理由かと思っています(*´∀`*)

    スポンサーサイト

    • 2015.05.31 Sunday
    • 23:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM